作例:

修行の海を航海して往く石塔

施主 禅宗 平成27年3月開眼 積み上げ五輪塔
長野県南佐久寺墓地、滋賀で16代、長野に移り13代続く家系の分家の墓五輪塔の光背として、後側立石に大円相を彫りこみました。

開眼
平成27年3月
所在地
長野県南佐久
墓地形態
寺墓地
墓所の広さ
間口4.3m 奥行3.2m
石塔
積み上げ五輪塔
石塔大きさ
16寸
石塔仕上げ
ビシャン叩き
石種
大島石善 碧
外柵
自然石切り出し
頭梁
小田 満弘
石塔製作
矢野 雄嗣
大島石検品
村上 勉
施工
竹田 鉄男

その他の作例

究極の五輪美「噛み合わせ五輪」 美しい造形物に、魂が宿る

施主 真言宗 平成18年8月開眼 噛み合わせ五輪塔

納骨の塔 先祖を故郷の土に還す

施主 真言宗寺院 令和元年夏開眼 積み上げ五輪塔

墓石は歳月を重ね 美しく成長する

法人供養等 平成21年10月開眼 積み上げ五輪塔